【バトガール】特訓&応援の対時間効率についてまとめてみた

ランニング…10分/親密度+35=10分あたり親密度35上昇

素振り…1時間/親密度+140=10分あたり親密度23上昇

ダンス…4時間/親密度+420=10分あたり親密度17上昇

なわとび…8時間/親密度+700=10分あたり親密度14上昇

 

スポーツドリンク…10分/100応援pt=100応援ptあたり特訓時間10分短縮

タオル…1時間/500応援pt=100応援ptあたり特訓時間12分短縮

瓶詰めフルーツ…4時間/1200応援pt=100応援ptあたり特訓時間20分短縮

バッドリEX…8時間/2000応援pt=100応援ptあたり特訓時間24分短縮

 

計算してみたところ、それぞれ最大効率と最低効率とでは2倍以上の差があることが判明しました。計画的に選択していきたいところですね!

コメント

  1. 匿名 より:

    計算するの面倒だったからこういうの助かるわ。こうしてみるとなわとび放置ダメだな

  2. 匿名 より:

    はりつけるならランニングで2000溜まったら縄跳び応援一択

  3. 匿名 より:

    スポーツドリンク 100応援pt 35親愛度 1親愛度あたり2.9応援pt使用
    タオル 500応援pt 140親愛度 1親愛度あたり3.6応援pt使用
    瓶詰めフルーツ 1200応援pt 420親愛度 1親愛度あたり2.9応援pt使用
    バッドリEX 2000応援pt 700親愛度 1親愛度あたり2.9応援pt使用

    なわとび8時間(700親)選択してバッドリEX(2000応援)1回使うのと
    ランニング10分(35親)選択してスポーツドリンク(100応援)20回使うのは同じ
    ランニング20回やるという手間考えるとなわとびバッドリEXが時間も手間も楽のようです
    ただ、応援でタオル(500応援)はダメ。素振り短縮するならスポーツドリンク6回

タイトルとURLをコピーしました